肩こり・頭痛

510305


相模原市南区の恵和整骨院で肩こりを根本改善!

相模原市南区の恵和整骨院にその辛い肩こりはお任せください。
指圧やマッサージの他にも、五十肩・四十肩の方には電気治療などを行います。
ぜひ相模原市南区の恵和整骨院にご相談ください。

  • ツライ肩の痛みの本当の原因を見極めます!
  • デスクワークなどで同じ姿勢でいることが多い
  • 肩がこると、頭痛を伴うことが多い
  • 肩が痛くてあがらない
  • 慢性的に肩が凝り固まり常に重い

肩こりの原因とは?

506013

肩こりは腰痛に次いで多い日本人の国民病といわれています。
特に女性の30~50代では8割が肩こりに悩まされているといわれ、当院「相模原市南区の恵和整骨院」にも多くの患者様が肩こりに悩まされています。

 
 
 

日常生活が肩こりの主な原因?

isogashii_woman

肩こりの原因には以下のような事柄が挙げられます。

・長時間の同姿勢
・眼精疲労
・姿勢不良
・運動不足
・ストレス

肩こりの原因は人によって様々ですが、主な原因は日常生活の中にあると言われています。
特に、デスクワークや長距離運転など長時間同じ姿勢でいる職業に従事している方に多く見られます。
長時間の同姿勢は使っている筋肉が限られ、一部の筋肉に対する疲労が蓄積されます。これらが日々の生活で繰り返されることにより肩こりが引き起こされます。
他にもパソコン・スマートフォンの普及により、ブルーライトの影響や目の酷使に伴う眼精疲労、そして画面に集中するあまり姿勢が悪くなってしまうことも肩こりの原因として挙げられます。
また、運動不足による筋肉の衰えや柔軟性の低下は血行不良を引き起こし、肩こりの原因となります。
緊張や精神的なストレスによる肩こりも挙げられます。ストレスによって自律神経が乱れ、筋肉の緊張状態が起こります。日々ストレスを抱えることで筋肉疲労が蓄積され、結果、肩こりを引き起こしてしまうことになるでしょう。

眼精疲労の詳細はこちら

自律神経失調症の詳細はこちら

 

疾患による肩こりも

nurse_nocap

加齢に伴い炎症を引き起こして起こる四十肩や五十肩(正式名称:肩関節周囲炎)、更年期障害が原因の肩こり、高血圧や低血圧、狭心症や心筋梗塞からくる肩こりなど様々な原因もあります。
たかが肩こりと放置してしまうと、重大な病気が原因の場合手遅れになる場合もございます。
どうしても治らない辛い肩こりは、早めに相模原市南区の恵和整骨院にご相談ください。

五十肩(四十肩)の詳細はこちら

肩こりを放置してしまうと

atama_kakaeru_woman

肩こりを放置してしまうと頭痛を伴う方が多いです。
肩こりが酷くなる前に、ぜひ当院「相模原市南区の恵和整骨院」にお越しください。
単に肩の筋肉をほぐすだけでなく、骨盤矯正などにより姿勢の改善からおこなっていきます。

頭痛の詳細はこちら

 
 
 

五十肩・四十肩の方も相模原市南区の恵和整骨院によくこられます。

medical_katakori_ojisan

五十肩は、はっきりとした原因は解明されていないのですが、肩関節が炎症をおこし、拘縮を起こしている状態でなかなかすぐに改善させるのは難しいです。
肩に違和感を感じたらなるべく早めに、当院「相模原市南区の恵和整骨院」来ていただいたほうが早く治ります。

五十肩(四十肩)の詳細はこちら

自分でできる肩こりの緩和法

辛い肩こりは原因を突き止め根本改善しなければ繰り返し痛みを伴うことになるでしょう。
肩こりをしっかり治すなら、相模原市南区の恵和整骨院にお越しいただくことをおすすめしますが、忙しくてなかなか時間が作れないという方には、日々の生活の肩こりが少しでも楽になる、緩和方法をご紹介したいと思います。

姿勢を正す

普段から猫背であったりデスクワークに従事している、その際の姿勢が悪いことを自覚している方は姿勢不良が肩こりの原因として大きく関与していることが考えられます。
日々の生活で猫背を改善するように意識したり、パソコンに向かう姿勢を意識することで肩こりの緩和が期待できるでしょう。

血液循環を良くする

運動不足や冷え性などによる血行不良も肩こりの大きな原因です。
自宅で簡単にできる肩こり緩和方法として、患部に蒸しタオルをかけて温めることで血行が良くなりコリを和らげることができるでしょう。
また、入浴時は湯船に浸かってしっかりと身体を温め、さらにシャワーを肩に当てることで全身と患部の血液循環が良くなり、肩こりの緩和が期待できます。

肩こりには肩甲骨はがし

肩甲骨デスクワークや目の疲れ、ストレスや寒さなど、日常生活において肩こりの原因は数多く存在します。少しでも改善するために自宅でもできるストレッチを探している方も多いでしょう。肩こりには色々なストレッチ方法がありますが、その中でもおすすめなのが「肩甲骨はがし」のストレッチです。
肩甲骨とは左右の肩に存在していて、腕と同を繋ぐ大きな骨です。俗に「貝殻ぼね」や「天使の羽」と呼ばれることもあります。肩甲骨はがしは自宅で手軽に行えるので、ぜひお試しください。

肩甲骨はがしの準備

suwaru_shisei_man_good肩甲骨はがしを効果的に実感するために、まず初めに行うことは姿勢を正すことです。
デスクワークを例に挙げると、仕事に熱中するあまり、背中を丸めてキーボードを打っていると胸(大胸筋や小胸筋)の辺りが、窮屈になり、背中の肩甲骨辺りが張っている状態になります。

まずは胸(大胸筋や小胸筋)を開くイメージで背筋を正し、胸(大胸筋や小胸筋)と肩甲骨の張りを均等にするイメージをしましょう。

胸と背中の筋肉の張りを均等にすることで、肩甲骨はがしの効果がより実感できるようになります。

 
 

肩甲骨はがしの方法

door_openもっとも簡単な肩甲骨はがしは、自宅のドアを利用する方法です。
まずドアの中央に立ち、腕を両側の縁に手を置きます。

あとはゆっくりと身体を前に倒すことで、胸筋と肩甲骨が広がっていきます。
こちらを30秒前後で数回に分けて行うと効果的です。

 
 

テニスボールを使用した肩甲骨はがし

sport_tennis_ball自宅にある身近なもので、使いやすく、低価格なもののおすすめはテニスボールです。
テニスボールを使用した肩甲骨はがしは仰向けに寝転がりながら行います。
寝転がった状態で肩甲骨でコリがあるような硬い箇所にテニスボールを当てます。テニスボールをコリにあてたまま、身体を揺すってコリをほぐします。

 

前鋸筋(脇の辺り)からアプロ―チする肩甲骨はがし

前鋸筋をご存知でしょうか。あまり耳慣れない筋肉かと思われます。
前鋸筋は上半身に存在していて、肩甲骨の動きに関わります。

簡単に言うと脇の下あたりにあり、ここから肩甲骨の裏に指を入れて肩甲骨はがしを行うストレッチです。場所が分かりにくい場合は、腕を上げて肩甲骨とあばらの隙間を触ってみると見つかりやすです。思ったより痛い場合もあるので、無理に指を入れず、ゆっくりと深呼吸など行いながら行うと良いでしょう。

肩甲骨はがしをしても肩こりに悩まされている方は、ぜひ相模原市南区にある恵和整骨院にご相談ください。
肩こりの改善から、日常的なストレッチ方法など、しっかりとアドバイスさせていただきます。

肩こりは相模原市南区の恵和整骨院がしっかり治します!

肩こりはお任せください

相模原市南区の恵和整骨院では肩こりを指圧やマッサージで改善させていきます。姿勢の悪さから肩に負担がかかっている方の場合は骨盤矯正をおこないます。
五十肩・四十肩の方は痛みがひどい場合は電気治療、肩がさわれる場合は肩甲骨の稼動域訓練や肩まわり・肩甲骨をほぐす治療をおこないます。

肩こりや五十肩の治療は健康保険が使えませんが実費治療でよくなります。
痛みを放っておかないで、しっかり治しましょう。

骨盤矯正の詳細はこちら

肩こり・五十肩・頭痛 症例集

座間市 女性 A・O さん

10.jpg

頭痛がするほどヒドかった肩こりが軽くなって楽になりました。

足のむくみもマッサージでスッキリです!

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

./

座間市 女性 M・S さん

10.jpg

肩や腰の痛みの解消だけでなく、身体の使い方などもアドバイスして下さるので、とても助かっています。スタッフの皆さんも話しやすくて明るい方達です。

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

./

相模原市若草 40代女性Tさん

患者様

Tさんは肩のハリがひどく、気持ちの悪さ、頭痛がありました。
事務関係のお仕事だったので、常に同じ姿勢でパソコンをみていたので肩こりがひどくなってしまったようです。

肩の緊張が強かったので、当院では肩まわりのマッサージをして血流の流れをよくしていきました。
また、頭皮のマッサージをおこない、頭の筋肉をほぐしていきました(これはハマルほど気持ちがよい施術です)。
ストレスもたまっているので、リラックスしていただくためにやっています。

1週間に2回、1月間通っていただいて頭痛と気持ちの悪さが改善しました。
元に戻りやすい環境にいるので定期的に通っていただいています。

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

./

座間市ひばりが丘 50代男性Kさん

患者様

Kさんはあるときから左肩があがらなくなりました。
特に何をしたというわけでもないのに、朝起きたらあがりにくかったそうです。
関節の動かし方をみてあきらかに 拘縮がはじまっており、痺れや神経症状がなかったので、肩関節のインナーマッスルの緊張をほぐす施術をおこないました。
同時に肩甲骨の動きをつける可動域訓練を行いました。

2ヶ月間、週に2・3回通っていただき最初は90度くらいの曲がり方だったのが150度、160度と曲がるようになりました。現在も3ヶ月目ですが通院中です

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

./

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2人中2人がこの記事は役に立ったと言っています。

「肩こり」と関連のあるページはこちら

  • 料金表
  • アクセス
相模原市南区相武台2-24-17

小田急線相武台前北口から徒歩5分

駐車場5台あり

TOPへ戻る