眼精疲労

こんなお悩みはありませんか?

  • PC作業をしていてモニターが見づらくなる感じがある
  • 寝ても疲れが回復しない
  • 充血しているような感じが続く
  • 明かりがまぶしく感じる
  • 最近特に肩こり、倦怠感(けだるさ)を感じる

「目が疲れる」や「目が痛い」という症状がある場合、大抵は読書やモニターをよくみる作業などをしている方に多いです。この程度の症状であれば日常よく経験することがあると思います。

しかし時には症状がなかなか取れない、何日も辛さが続いている、体の他の箇所にも影響が出ることがあります。これを「眼精疲労」といい、単純な眼の疲労とは分けて考えます。

当院の眼精疲労への施術法

恵和整骨院では眼精疲労に伴って、目を動かす以外の首を動かす筋肉も眼精疲労を感じる原因になっていると考えます。ものをみるときに目だけで追いかけるよりも、細かな首の動きを伴って視角を確保しようとします。

後頭下筋群の緊張にアプローチ

首と頭の境目付近には、後頭下筋群と呼ばれる細かな筋肉の集まりがあります。

ものをみるときに真正面であればいいのですが、体のゆがみから正面を向いているつもりでも微妙に上を向いていたり、左右どちらかに首をひねって過ごしている方が多いです。

そうなると左右ある後頭下筋群もどちらかが縮んで、どちらかが伸びてしまいます。

後頭下筋群の緊張を抜く事で辛い眼精疲労を落ち着かせられます。

目の周囲以外にも姿勢調整を行います

当院では、眼精疲労を取る為に目の周囲の施術だけで無く、首の筋肉やその首の筋肉に負担をかける姿勢調整からのアプローチをさせて頂きます。

また、眼精疲労は精神的なストレスの影響を受けて眼精疲労を起こす場合が多々あります。

リラックスしやすい環境でのご案内を提供させて頂いております。

眼精疲労の方お勧めメニュ-・料金

眼精疲労でお悩みの方は首や目の周囲の施術だけでなく、骨盤矯正を含めた施術をお勧めさせて頂いております。

整体ライト 3,800円
整体スタンダード 6,500円

banner_kotubanアクセス

眼精疲労の原因は何?

大きく分けて4つの原因に分けられるます。
目に何かしらの異常が起きている

・近視・乱視・老眼 またはそれらの矯正があっていない
近視・乱視・老眼が進むと眼球の内部では、毛様体という筋肉の緊張が続きます。視力の低下が起こると今度は目を凝らしたり、首を前に出すような姿勢になるかと思います。そうしていくうちに目が疲れ、首筋や肩の凝りに繋がるのです。

特に老眼だと40~60歳ぐらいまでの間で急速に進むのでこの年齢層の方は目の疲れを訴えて来る患者さんの年代と一致しています。

ドライアイ
デスクワークなどに集中してしまいまばたきが減り、眼球の表面が乾燥してしまう病気です。眼精疲労の半分以上の方がドライアイになると言われています。

 

目の使い過ぎや『視環境』の問題
至極当たり前かもしれませんが目は使えば使うほど疲れます。現代ではモニターを使ったり活字を読んだりと目を使う機会がとても多いです。
そういった環境や近年では、シックハウス症候群(※)と眼精疲労の関係も指摘されています。

(※住居の建材に含まれる化学物質などの影響による体調不良)

精神的なストレスの影響
眼精疲労の方に起こる吐き気は、ストレスが原因の事が多いです。仕事上の溜まったストレスは自律神経失調症などを引き起こし、肩こり・不眠・不整脈・吐き気をなどを伴います。

肩こりの詳細はこちら

 

これらの原因でドライアイは引き起こされると言われていますが、それぞれ一つずつの原因がある場合では自覚症状を感じ無くても、いくつか重なって症状が悪化し、自覚症状として出てくるケースも考えられます。原因を一つ対処しても眼精疲労の症状が残る場合はまた他の原因が残っていると考えます。

 

眼精疲労の症状

症状も、目では『目が疲れる・ぼやける・かすむ』『目が痛い・充血する』『眩しく感じる』『涙が不意に出る』『しょぼしょぼする』などを挙げられる方がいます。

眼精疲労は目以外にも症状が現れる事があります。
『肩こりが強くなった』『頭痛がする』『めまいが起きる』『吐き気がする』などが現れる事もあり、突然それらを感じた場合、眼精疲労の疑いがあると言えます。

今スグ出来る自分でやる目の疲れの対策

まず眼精疲労がある場合は疾患が隠れていないか調べて見ることをお勧めします。

眼科で視力検査や眼圧、眼底などの検査を受けてドクターに診察してもらいましょう。

それでも原因を特定出来なかったり、異常が見つからなかった場合は疾患以外の他の原因が考えられます。

『目を使う環境や生活の問題』
挙げるとキリがないですが、作業をされる際の照明の明るさ、姿勢に視点をおいてみます。

室内が乾燥したり空調の風が直接目に当たるとドライアイを引き起こします。
また、日光が直接モニターに当たらないようにしたり、
照明を暗すぎず、明るすぎない強さに調節する。
モニターを見る時は見下ろすぐらいの角度にセットして資料やキーボードの位置は、目とモニターの距離と同じぐらいにするなどが対策にはなります。
一番に大事なのは睡眠です。寝不足のときには、目を使う時間が長くなりますし、目を休める時間も減ることになります。
また、前述したように自律神経のバランスも崩れることになります。

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの記事は役に立ったと言っています。

施術の流れ

flow1_1

受付

flow2_1

問診

flow3_1

検査

flow4_1

施術

flow5_1

説明

flow6_1

お大事に

「眼精疲労」と関連のあるページはこちら

    関連記事が見つかりません
  • 料金表
  • アクセス
相模原市南区相武台2-24-17

小田急線相武台前北口から徒歩5分

駐車場5台あり

TOPへ戻る