坐骨神経痛

こんなお悩みはありませんか?

  • お尻から足にかけて痛みや痺れがある
  • 身体を動かすとお尻や足の痛みが強くなる
  • じっとしていても、お尻や足が激しく痛む
  • 足に力が入らない感覚がある
  • 身体をかがめて靴下をはくのが辛い

kansetsutsuu_koshi

坐骨神経は、腰から臀部を通り、腿裏~足先にかけて伸びている神経です。
その坐骨神経が色々な要素によって押さえつけられたり伸ばされたりして痛みや痺れ等が出る症状の事を
坐骨神経痛と言います。

大抵の場合、まず腰痛が出てきて、次に殿部や大腿後面、すね、足先などに
痛みや痺れ、感覚異常などの症状が出てきます。

坐骨神経痛の原因

1、腰部脊柱管狭窄

背骨1つ1つには骨に囲まれた穴があり、それらが連なり出来た管のような
空間を「脊柱管」といい、中に神経が通ってます。

脊柱管のまわりの背骨が変形したり、靭帯が肥厚してきたり、
椎間板が変性したりして脊柱管が狭くなり、脊柱管の中を通っている神経が圧迫されることで、
症状として腰痛や足の痺れなどが起きると言われています。

主に中高年に多い症状だと言われています。

 

2、腰椎椎間板ヘルニア

椎骨と椎骨の間にある、クッションの様な働きをする「椎間板」という物があります。
その椎間板の中には「髄核」という部分があり、長時間同じ姿勢でいる方や、不良姿勢が続く方は
髄核が押し出され、神経を圧迫します。
腰椎椎間板ヘルニアとは、上記の状態が腰で起きたものです。
ヘルニアも坐骨神経痛の原因の一つです。

 

3、梨状筋症候群

梨状筋は仙骨と大腿骨を結ぶ筋肉で、主に足を外旋させる際に働く筋肉です。
坐骨神経は、この梨状筋の下を通っています。
梨状筋が普段の生活や運動で偏った身体の使い方をしたり、歪んだ姿勢で座り続けたりして圧迫され、
お尻や足の痛み・痺れやが出た物を梨状筋症候群と呼んでいます。

坐骨神経痛 ー 家で出来る対策

1、正しい姿勢を保つ

正しい姿勢を意識しましょう。あまり反りすぎたり猫背になりすぎるのは
腰に負担がか310455かります。

また、横座りや足を組んで座ると、体重が左右のお尻に均等に
かからなくなるため負担がかかります。

お腹を凹ませる様に意識して座ると、自然と背筋が伸びて良い
姿勢を取れるようになっていきます。

 

 

2、冷えを防ぐ

神経痛は冷えが大敵です。半身浴で良いのでお風呂に入る、ofuro_atatamaru
冬場ではカイロを当てる
などして患部周辺を冷やさない様にしましょう。

 

 

 

 

3、肥満に注意

体重の増加は腰に負担がかかります。
筋肉も増えて体重が増える場合は支える力があるので良いですが、metabolic_man
筋肉量が変わらず体重が増えた場合には筋肉や関節に
負担がかかりやすくなります。

食事に気をつけ、運動もするよう心がけましょう。
痛いときに無理に運動する必要はありませんが、
少し落ち着いてきてから運動することで再発も予防することが出来ます。

 

 

4、ストレッチ

坐骨神経痛は、筋肉が緊張している事が多いのでストレッチは効果的です。
しかし、強い痛みを感じる時は無理をしないで下さい。achilles_man
急性期に行ってしまうと逆効果になる場合もあります。
伸ばした時に心地よい痛みがある様でしたら少し伸ばしてみて下さい。

特にお風呂上がりや整体の後にストレッチをすると効果的です。

 

 

恵和整骨院での坐骨神経痛の治療

ヘルニアや梨状筋症候群による坐骨神経痛の場合、
体が歪んで片側に負担がかかっているのが原因のことが多いです。

 

姿勢をみさせて頂き、筋肉のアンバランスを調整したり腹圧を上げたりして
身体のバランスを整えていきます。

 

調整により腰やお尻の負担が減り、痛みや痺れが徐々に治まっていきます。
1回である程度良くなる方もいらっしゃいますが、身体の癖がついていますし
神経症状が出ている状態ですので、完全に取れるまでには少し時間はかかると思います。

 

脊柱管狭窄症が原因の場合、軽い症状であれば
身体を整えることで症状がある程度治まることはあります。
しかし、背骨の中の方の変形や変性などによる圧迫ですので
症状が重い場合はオペになる事もあります。

 

そういった場合は整形外科に紹介状を書くことも可能ですので
まずはお気軽にご相談下さい。

 

 

●施術の流れ

flow1_1flow2_1flow3_1

受付             問診           検査

flow4_1flow5_1flow6_1

施術             説明           お大事に

askbanner

当院に寄せられた感動の声

町田市 男性 M・Nさん

バスを待っているときや、電車の中で坐骨神経が痛くて
立っていられない位でしたが、マッサージや電気治療などを行った
おかげで、普通に動けるようになりました。
足の痛みが少しずつ楽になりました。

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

./
この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの記事は役に立ったと言っています。

「坐骨神経痛」と関連のあるページはこちら

    関連記事が見つかりません
  • 料金表
  • アクセス
相模原市南区相武台2-24-17

小田急線相武台前北口から徒歩5分

駐車場5台あり

TOPへ戻る