捻挫

こんなお悩みはありませんか?

  • 運動をしていて足首を捻(ひね)ってしまった
  • 普段何もない平坦な道で足を挫(くじ)いてしまう
  • くり返し同じ場所を痛めてしまう事が多い
  • 力を入れようとすると特に痛む

骨折・脱臼よりも整骨院や接骨院で治療にくる人数で圧倒的なのが『捻挫』。

 

運動をしている人は必ずと言っていいほど起こしますし、

日常生活を送っているだけでもなります。

どのようにして捻挫は起きるのか、捻挫になりやすい場所、

捻挫になってしまったらどうしたらいいのかをお答えします。

捻挫のメカニズム

捻挫が起きる場所としては関節です。

関節を構成する骨と骨の間には支持組織と呼ばれるものに連結されています。

 

支持組織の中には、関節を包む関節包と呼ばれる袋状のものと、

靱帯と呼ばれる繊維状のものが支えて関節になります。

 

支持組織や骨同士の形などで関節可動域(動かせる範囲)は決まっています。

その中でも靱帯が伸びたり縮んだりをする事で安定性を保っています。

そこに強い外からの力が加わる事で関節可動域を超えた運動が起こってしまいます。

そうなると関節包や靱帯などの支持組織は損傷してしまいます。

この状態の事を捻挫といいます。

 

この際、痛んだ組織は自己を修復しようとして熱を持ったり(熱感)、腫れる(腫脹)、赤くなる(発赤)を起こします。

そうなると強い痛み(疼痛)、関節そのものを動かせなくなったり(機能障害)します。

 

外からの力が捻挫よりも強いものが加わると、骨同士の位置がズレる事があります。

ここまでいくと脱臼というものになり捻挫とはまた違った症状になってしまいます。

 

捻挫は、くり返し起こすケースが多いです。

一度捻挫を起こしてしまった関節は靱帯が伸びてしまいます。

捻挫をして痛みが引くまでは安静。

『痛みが引いて、完治した!!』という認識で

運動を再開、固定を除去してしまう、

という方が多いかと思われます。

 

固定期間が短かったり

治療を行わず、そのままにしてしまうと

靱帯自体が伸びてしまっているので捻挫を繰り返し起こしてしまいます。

動きの大きい関節は急激な動きでも関節可動域の中で済むケースが多いですが、

足・骨盤・手首・指などの元々の動きが狭い方向がある関節の靱帯は伸ばされやすく、

捻挫を引き起こしやすくなってしまいます。

 

捻挫を起こし易い箇所として肘の捻挫で多い内側側副靱帯(ないそくそくふくじんたい)や足首の捻挫で痛めやすい前距腓靱帯(ぜんきょひじんたい)、ギックリ腰の原因のほとんどである骨盤の仙腸関節の靱帯の捻挫などが挙げられます。

 

自分でできる捻挫の処置

新鮮例(捻挫を起こしてしまってすぐの状態)では、
RICE処置と言われる応急処置を行ってください。
R(Rest):安静
I(Icing):冷却
C(Compression):圧迫
E(Elevation):挙上
これらをどれだけ早期に行うか行わないかで治癒期間が大きく変わります!!

 

捻挫を起こしてしまったかな?という時に起こりうる症状として、
・腫脹(痛い所が腫れぼったい感じになる)
・疼痛(ズキズキと痛い)
・熱感(痛めていない所と触り比べると温かい・熱い)
・機能障害(痛めてしまった関節を曲げ伸ばしするのが困難になること)
・発赤(痛めてしまった所や近くが皮下出血により赤く、もしくは紫色になる)
というのが現れます。

RICE処置さえキチンと行っていれば、上に書いたような症状は強く出にくくなります。

Rest 安静
処置としては痛めてしまった所は使わないようにする。
捻挫をしてしまった関節を動かしてしまうと痛みが強くなったり、
状態がより悪くなる場合があります。
布や専用のサポーター等で動かそうと思っても動かせない状況にするのも手段です。

Ice  冷却
痛めた所を冷やす。
損傷してしまった箇所はそれを治そうと栄養や酸素を送る為に血が集中します。
それが腫脹になります。腫脹が強いと辛さの強さが跳ね上がってしまいます。
※詳しいアイシングの方法

氷嚢があればそれに氷と水を少量入れて患部にタオルを間に一枚挟んで冷やします(挟んだタオルをそのまま巻いてしまうと楽かもしれません)。

時間も冷やしすぎも体に良くないので大体20分前後で一旦休憩しましょう。

氷嚢が無ければビニール袋に氷と水を同じように入れてタオルを必ず間に挟むようにして下さい。

 

Compression  圧迫
痛めてしまった箇所を縛ったり押さえてあげる事で腫脹や出血を抑えられます。

 

Elevation  挙上
痛めてしまった箇所を心臓よりも高いところに挙げる。
そうすることにより、腫れや炎症を抑え症状を和らげます。

 

捻挫も痛めてしまった度合いや箇所によって治りの早さや症状の重さが変わってきます。

 

「このぐらいならいいか」と運動を再開してしまうとかえって悪化してしまったり治癒期間が長引いてしまったりといい事は無いのでまずは即刻運動をその場では中止しましょう。

恵和整骨院ならではの捻挫の治療

恵和整骨院では痛めてしまった関節、靱帯だけが悪いのではなく、

原因は別の所にあると考えています。

痛めてしまった場合、まずは痛めた関節を休ませてあげて回復、修復をさせること。

痛みが引いて、「はい終わり」にはせず、

繰り返し捻挫を起こさない様に正しい体の使い方ができるようにしていきます。

放っておけば治るだろうと思っていても、

繰り返し捻挫を引き起こしやすくなってしまいます。

痛みが引いて捻挫の原因である歪みを減らし、再発しない身体を手に入れるまでを治療と考えます。

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの記事は役に立ったと言っています。

施術の流れ

flow1_1

受付

flow2_1

問診

flow3_1

検査

flow4_1

施術

flow5_1

説明

flow6_1

お大事に

「捻挫」と関連のあるページはこちら

    関連記事が見つかりません
  • 料金表
  • アクセス
相模原市南区相武台2-24-17

小田急線相武台前北口から徒歩5分

駐車場5台あり

TOPへ戻る