自律神経失調症

こんなお悩みはありませんか?

  • 何となく頭が重い
  • 休んでも疲れが取れない
  • 体が常にだるい
  • 動悸がする
  • 息苦しい感じがある

nemurenai-280x186

最近よく耳にする「自律神経が乱れる」と言う言葉・・・。

 

一昔前ですと自律神経失調症という言葉はあまり一般的では無く、原因不明と言われていた症状でしたが
最近ではテレビ・雑誌などで取り上げられたり、病院でも「自律神経失調症」と診断されることも増えました。

しかし実際はどういった状態の事を言うのかよく分からない方も多いと思います。

 

自律神経が乱れると、主にどんな症状が出るのか?

photo_zutsu頭痛・めまい・動悸・首肩や背中・腰の張り感・食欲不振・下痢・吐き気・抑うつ状態・冷え・不眠症・
身体の怠さ・疲れが取れないなど…様々な症状に関係しています。

 

ただ、上記の症状でも自律神経失調症だけではなく他の病気が関連していることがあります。自己判断せずに、まずは病院で医師の診断を受けましょう。

そもそも、自律神経とは?

自律神経失調症といいますが、そもそも自律神経ってどんな神経でしょう?

 

少し難しい話になりますが
脳や脊髄の中枢神経からでる神経線維を末梢神経といいます。
末梢神経は、運動機能に関与する体性神経と内臓諸臓器などを調整する自律神経という
2つの種類に分かれます。

 

体性神経

「体性神経」は、さらに感覚神経と運動神経とがあります。
体性神経は自らの意思や考えで各器官(筋肉など)を動かす事が出来ます。

自律神経

自律神経」は、無意識のうちに身体の各器官を調節する神経です。
自律神経は交感神経と副交感神経で構成されます。

 

これらがシーソーのようにはたらくことで、胃腸の動きや気管を広げたり狭めたり、血圧や体温など
を調整しているのです。

 

・交感神経  … 活動時(仕事中など)によく働く神経
・副交感神経 … 寝ている時、休んでいる時によく働く神経

 

ですから、本来寝ている時は、副交感神経が優位に働かなければならないのに
仕事で寝不足が続いたり、緊張状態が長く続くと寝ようとしても上手く副交感神経が
優位にならずに眠れない日が続き、不眠症になったりします。
こういった状態を自律神経が乱れている状態と言います。

自律神経のバランスが乱れる原因は?

●生活リズムの乱れ
身近な事ですと先ほど書いたように本来寝る時間帯に寝なかったり、
休日に遅くまでダラダラ寝てしまったりと言ったようにリズムが崩れると
自律神経に乱れが生じやすくなります。

暗い部屋でスマホをいじったりするのもNGです。

 

●精神的なストレス
仕事で何かトラブルがあったり、人間関係で揉めたりすると家に帰ってもリラックスする事が出来ません。
職場でも、家でも常に緊張状態になってしまい、交感神経ばかりが優位に働いてしまいます。

この状態が続くと、交感神経の働きである心拍の促進や、消化の抑制が起こり
動悸や食欲不振などになってしまいます。

 

●ホルモンバランスの乱れ
女性の場合、生理周期などホルモンバランスが変化しやすいので、自律神経失調症が起きやすくなります。

 

●環境の変化
転勤や転校・引っ越しなどで急に環境が変化した場合も緊張状態が抜けずに、交感神経が優位になってしまう事があります。

 

●生まれつきの体質や性格
例えばもともと性格上気弱でストレスに弱い、出張などで違う布団・枕では眠れないなど、もともと自律神経の乱れに弱い人もいます。
一方で嫌な事があってもすぐ忘れる様な人もいますし、どこでも寝られるといった人もいます。

自律神経の乱れがある場合、どういった整体をするの?

症状にもよりますが、基本的には交感神経優位になり過緊張している方が多いので
ゆっくりとした施術をメインに行っていき、リラックスして副交感神経が優位になるようにしていきます。

 

 

・骨盤や肩甲骨の位置の調整

image25 骨盤や肩甲骨がずれてくると全体的に歪んでしまい、身体に負担がかかります。
まずは、大きな歪みを整え身体の負担を軽くしていきます。

 

 

 

・呼吸筋へのアプローチ

image28自律神経失調症の方は、筋緊張が強く、呼吸も浅く早くなっている方が多いです。
呼吸筋(呼吸時に使う筋肉)などを緩めると呼吸が楽になります。
呼吸が深くなると副交感神経が働き始め症状の治りが早くなります。

 

 

・頸椎の調整

ryoukin_img3頚椎上部には脳幹と呼ばれる自律神経をコントロールする部分があります。
頚がずれてしまうと神経の流れを悪くします。

 

 

 

・お腹の調整

285お腹には太陽神経叢という交感神経の細胞がたくさん集まっている場所があります。
自律神経が乱れ、交感神経が優位になりすぎると内臓機能が低下し、
お腹や背中・腰などの筋肉が硬くなってしまいます。
逆に、自律神経の乱れによって起きたお腹のの緊張を緩めてあげる事で
副交感神経が正しく働ける状態を作り、自律神経の乱れを整えます。

 

 

 

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの記事は役に立ったと言っています。

「自律神経失調症」と関連のあるページはこちら

    関連記事が見つかりません
  • 料金表
  • アクセス
相模原市南区相武台2-24-17

小田急線相武台前北口から徒歩5分

駐車場5台あり

TOPへ戻る