恵和整骨院の症例ブログ

損害賠償責任について


カテゴリ:未分類

 

●損害賠償とは何か

交通事故により他人に損害を与えた場合は、被害者に対して金銭による賠償を行わなければなりません。
損害賠償とは「損害を与えてしまった者が、その損害を自ら埋め合わせる」ことです。

これを法律で明記しているのが民法第709条です。

 

 

※民法第709条
故意または過失によって他人の権利または法律上保護される利益を侵害したものは、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

 

ただし、民法の原則では、損害賠償請求することにより利益を得る者(被害者側)が以下の4点について立証できなければ、損害賠償を受けられないことになっています。

・加害者側に故意または過失があること
・加害者の行為が違法であること
・事故と損害の因果関係
・損害が生じたこと

 

立証責任を加害者に課した自賠法、自賠法は第1条で、その法目的として「生命または身体が害された場合の交通事故(人身事故)の損害賠償は自賠法が民法に優先する」・「被害者を保護する制度である」と言っています。

自賠法の第3条では損害賠償の責任を負う人を加害車両の運転者に限らず「自己のために自動車を運行の用に供するもの」まで範囲を広げ、立証責任を加害者に課し、

運行供用者と運転者が無過失であったこと・被害者または運転者以外の第三者に故意または過失があったこと自動車に構造上の欠陥または障害がなかった事

を立証しなければ加害者が損害賠償責任を負うと定めました。

つまりは、運転していて3点立証出来ないと、ぶつけたときの運転手以外にもその自動車の持ち主であって貸している時、使用する権利がある人にも被害者に対して賠償する責任が発生する事があります。というお話です。

 

●請求できる3つの損害

交通事故の損害は、まず最初に財産的損害と精神的損害に分けることができ、財産的損害は積極損害と消極損害、精神的損害は慰謝料として算定されます。これらの具体的な項目も類型化されています。

 

・事故の損害は三種類に分類される

事故の損害には、積極損害消極損害慰謝料の三種類があります。積極損害とは、交通事故にあわなければ、被害者が支払う必要のなかった費用のことを指し、消極的損害とは、店舗の営業損害など、交通事故にあわなければ被害者が得たであろうと考えられる利益のことを指します。

慰謝料は事故による神的損害に対する賠償金のことで、入・通院期間などによって金額が異なります。

 

積極損害
事故により、被害者が出費を余儀なくされたために発生する損害。治療費や車両の修理費、葬儀費用などがこれにあたります。

 

消極損害
本来であれば、得ることのできた収入が、事故により失われてしまった分の損害。休業損害や逸失利益(本来事故が無ければ得られたであろう給与・収入など)がこれにあたります。

 

慰謝料
精神的・肉体的な苦痛に対して支払われる賠償金。被害者が死亡したときには、遺族に対しても支払われます。

 

 

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの記事は役に立ったと言っています。

「損害賠償責任について」と関連のあるページはこちら

  • 料金表
  • アクセス
相模原市南区相武台2-24-17

小田急線相武台前北口から徒歩5分

駐車場5台あり

TOPへ戻る