恵和整骨院の症例ブログ

成長期の身体の痛み


カテゴリ:未分類

お子さんが運動されて、踵が痛い、膝が痛い、足の甲が痛い、肘が痛いなど痛みを訴え続けている事でお悩みではないでしょうか。

もしそのような症状があるのなら骨端症、もしくは骨端線損傷というものを一度疑った方が良いです。

※骨端症とは・・・成長期に起きる何らかの原因によって軟骨への血液の循環が障害されその部分が壊死してしまうもの。

※骨端線離開とは・・・軟骨である骨端と骨器質の間が外力により離れてしまう事。

成長痛だからしょうがない。痛みを我慢しながら運動を続けさせてしまっている。運動を中止してそのままになっている。などお子さんに苦しい思いをさせていないでしょうか?

成長期のお子さんの骨は未成熟で大人に比べて末端が柔らかくなっています。

そのため外力が継続して加わると炎症を起こしたり形が変わってしまうこともあります。

その中でも代表的な骨端症をお話していきます。

 

・膝の痛み オスグッド・シュラッター病

成長期の子どもが膝関節を伸ばす動作を使い過ぎる(オーバーユース)と現れると言われているものです。

大腿四頭筋という太ももの前側についている筋肉が原因で起こります。

性差では男性の方が多いですがスポーツをしている女性にも起こり得る疾患です。

好発年齢は10~15歳と言われていますが、骨成熟がまだの子であれば、もう少し年齢が高くても症状は出ます。

症状としては脛骨結節と言われるすねの骨の上端の膨隆、運動痛、圧痛があります。

この疾患は重症度により症状の変化がありますので全てに当てはまらないから、と症状を甘く見ていると重症化するケースがありますのでご注意下さい。

オスグッド病

 

・踵の痛み セイバー(シーバー)病

ふくらはぎの筋肉はアキレス腱に変わりかかとにつき、牽引する事で足首をつま先立ちの方向に動かします。

繰り返しジャンプやランニング等で負担が増えると、かかとの骨の軟骨部分が引っ張られ炎症、または血行が滞り無腐性壊死という栄養が行き渡らない状態になり、骨が死んだ状態になってしまうのです。

10歳前後の男児に起こりやすいと言われていて男子の方が女子よりも2倍にかかりやすいと言われている疾患です。

症状はかかとの運動痛、圧痛が特にあり、かかとをつくと痛いのでつま先歩きになり歩く事が特徴的です。

 


オスグット病やセイバー病は筋肉の柔軟性の低下により起こるものです。体が固く、筋肉の腱が軟骨を引っ張る事で痛みだしてしまうのです。

ですので運動前後の体のケアが重要になります。

 

 

・足の甲の痛み ケーラー病

足の舟状骨という骨の内側に症状をきたし、無腐性壊死を起こしてしまう疾患です。

舟状骨にくりかえし外力が加わると足への血行が阻害され起こる骨端症です。

3~7歳に起こりやすいと言われている疾患ですが、比較的治りは良い疾患で、後遺症も残りにくいものです。

性差では、やはり男児に多く、女児の数倍の差があるようです。

症状も両側に出るよりも、左右差がある事の方が多いです。

症状としては歩行時痛、圧痛(痛がる場所を触って痛む)、歩きたがらない。などが挙げられます。

他動運動や、自身で動かそうとした際の痛みも少ないのですが捻挫をした時のような方向に動かすと痛みが誘発されることもあるようです。

 

 

       ・フライバーグ病

足の第2中足骨という足の人指し指を足首の方にたどっていく途中の骨のつま先から遠い位置にある骨頭部という場所が痛みを伴い、無腐性壊死を起こす疾患です。

ケーラー病同様、繰り返しの外力がかかると発生する骨端症です。

早期発見し、早期に治療を開始する事で痛みを残さないようにしてあげる事ができます。

痛みを我慢し、放置してしまうと骨頭が変形をきたし、痛みが残ってしまう事もあるので要注意です。

12~18歳の女性に多く発症すると言われていて、その性差は3~4倍ほどです。

症状としては、歩行時痛(特につま先立ち)があり痛みのある方で荷重しないように歩こうとします。

また、中足骨の長軸方向に圧迫を加えると痛みます。

 


ケーラー病もフライバーグ病も痛みの出る箇所は違いますが、

足の裏のカーブが弱くなると患部に負担が増えてしまい起こります。

恵和整骨院では、このカーブを強化することで改善を図って治療を進めます。

すぐに治療の結果が得られるかというと難しいですが、足の裏のカーブを正常にすることで

少しでも痛みを和らげていくことは可能です。

 

・イセリン病(Iserin)

足の第五中足骨に起きる骨端症です。

短腓骨筋という筋肉が付着するのでその牽引力により発生するといわれています。

この短腓骨筋という筋肉は、走っている最中の切り返し、急停止でよく使われます。

繰り返しの動作で使うことで発症してしまいます。

症状は徐々に痛みや違和感を訴えていきます。腫れたり、熱を持ったりする事はほとんどありません。

痛くなる場所が疲労骨折や足を挫いてぶつけてしまった時にに出る骨折と似ているので

鑑別が必要です。熱があったり腫れが強い場合は他の疾患を疑います。

Iselin病自体、骨端症の中ではかなり稀な疾患です。

痛みを我慢させずに早期受診させて上げる様お願いします。

 

・骨盤裂離骨折

成長期の子どもは、骨盤にも骨端線が残っている場合もあります。

その時に筋肉の強い牽引で裂離骨折を起こしてしまうケースも。

 

  ・上前腸骨棘裂離骨折

上前腸骨棘は大腿筋膜脹筋という筋肉と縫工筋という筋肉の付着部となります。

この大腿筋膜張筋縫工筋の牽引力によって起こります。

どちらの筋肉も股関節・膝関節を曲げる事で使われるます。

股関節最大伸展位から屈曲方向に動かす時に起こりやすくなります。

全力疾走をする運動(陸上の短距離など)をしている子どもに多く診られると言われています。

 

  ・下前腸骨棘裂離骨折

下前腸骨棘には大腿直筋という筋肉が付きます。

大腿四頭筋と言う太ももの前側についている筋肉の内の一つで膝の伸展に強く関わります。

大腿直筋は大腿四頭筋の中でも股関節の屈曲に関わります。

裂離とは伸ばされる方向に動く事での損傷になります。

膝の屈曲・股関節の伸展が合わさった運動(ボールを蹴る時に足を後ろに振る)で特に負担になります。

 

  ・坐骨結節裂離骨折

坐骨結節は椅子に座った姿勢でお尻に手を入れて、ゴツゴツと当たった感触のする所です。

ここは色々な筋肉が付くのですが、中でも大腿二頭筋、半腱・半膜様筋の牽引力で負傷してしまいます。

大腿二頭筋・半腱・半膜様筋は膝の屈曲・股関節を伸展(後ろに伸ばす)で働きます。

足を前に上げる様な運動(陸上のハードル走)のような運動で痛めやすいといわれています。

 

 


 

ざっくりと起きやすい骨端の問題を説明させて頂きました。

その他にも足首を捻挫して外くるぶしの骨端線が理解してしまうなど挙げればキリがない程です。

 

繰り返しの筋の牽引力によるものが多いですが、ケガなどの強い牽引力だと1回でもなり得る箇所もあります。

原因は様々ですがやはり原因は筋肉の牽引による影響であると私達は考えます。

筋肉の緊張を抜く、引っ張る力を抑える為に筋肉の動きに制限をかけるような固定を施す、

などをしてあげる事でお子様の辛さを軽減させてあげる事をお手伝いさせて頂ければと思います。

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの記事は役に立ったと言っています。

「成長期の身体の痛み」と関連のあるページはこちら

  • 料金表
  • アクセス
相模原市南区相武台2-24-17

小田急線相武台前北口から徒歩5分

駐車場5台あり

TOPへ戻る