腰部脊柱管狭窄症

こんなお悩みはありませんか?

  • 腰から足にかけて痛みや痺れがある
  • 歩き続けることが辛いので、外出する事が憂鬱
  • 足に力が入りづらい感覚がある
  • 腰を前屈みにすると楽だが、反らせると激痛がはしる

kansetsutsuu_koshi

腰部脊柱管狭窄症とは、背骨と並行している脊柱管という神経の束が通っている大きなトンネルが狭くなってしまい、腰から脚にかけての痛みや痺れ、脱力感といった症状が出るものです。

有名な腰の病気には

・椎間板ヘルニア

・変形すべり症

・変形性脊椎症

などがありますが、一般的な慢性的な腰痛が筋肉のコリが原因であるのに対して、これらの病気は神経に何かがぶつかることで痛みや痺れが出ています

この何かというのが、椎間板や靭帯です。これは、筋肉以上、骨未満の硬さをしていて、腰骨への負担を分散させるクッションの役割をしているものです。このクッションが変形してしまうことで神経の通り道を邪魔します。骨が変形して神経を邪魔することもあり、病院で手術をするかどうかという話も珍しくありません。

 

 

どういった症状があるのか

ヘルニアは脊柱管から出た神経根という、いわば神経の分岐部を邪魔するので、左右どちらかに症状がでるのに対し、腰部脊柱管狭窄症は脊柱管という神経の束である、大元の部分が邪魔されるので左右どちらにも症状が出ることが多くなります。膀胱直腸障害といって頻尿や便秘といった排泄に関わる障害を伴うこともあります。

 

代表的な症状に間欠性跛行というものがあります。“間欠性跛行=休み休みでないと歩けない”という意味です。痛みや痺れで歩き続けるのが困難で、腰を前屈みにして休むことで楽になるという症状です。脊柱管の中を走行する神経を邪魔する原因の多くは、腰を反らせると症状を誘発させやすくなるという特徴があります。腰部脊柱管狭窄症の方は、歩くのは辛いけど自転車なら乗り続けられるというケースもあります。腰を反らせても症状が強くならないという方もいるので、一概に腰部脊柱管狭窄症の方、全員が間欠性跛行の症状が出るとは限りません。

 

 

なぜ腰部脊柱管狭窄症になってしまうのか

脊柱管が狭くなる原因は、椎間板や靭帯といったクッションが変形して邪魔をするパターンと、腰椎そのものが変形して邪魔をするパターンがあります。

 

変形を起こしやすい方

・高齢の方

・重労働で重いものを持つことの多い職業の方

・長時間のデスクワークなどで腰への負担が多い方

 

つまり、腰椎への負担の積み重ねでなる病気なので、腰椎への負担の多い二足歩行をする人間であれば誰もが腰部脊柱管狭窄症を発症するリスクがあるということになります。

 

しかしながら、変形を起こしやすい方の中にも、

発症する人としない人がいます。発症してしまった方の原因は何かを分析する必要があります。

 

 

 

当院での治療について

恵和整骨院では、患者さんの全身を解剖学的に分析してなぜ腰部脊柱管狭窄症になってしまったのか?をしっかりと明確にしていきます。

 

患者さんの症状や骨格の歪み、生活背景を診させていただいて、治療を進めていきます。当院での治療が適切で無い場合は、整形外科へ紹介させて頂く場合もございます。

 

「手術なしで腰部脊柱管狭窄症が治るのか?」という質問がよくありますが、当院へご来院されている患者さんは、腰部脊柱管狭窄症の 度合いにもよりますが、手術をせず良くなっている患者さんが多いです。

 

 

施術に関しては、腰に負担が掛かりにくくなるように、骨盤矯正や関節・筋肉の調整を提案させて頂き、治療プランを立てていきます。

 

痛い所に必ずしも原因があるとは限りません!

腰椎以外の関節がうまく使えない状態になってしまっているということがあります。言い換えると、関節の周りの筋肉が凝り固まることで身体の動きを制限してしまっているということです。この様な状態が続くと、日常的な歩行などの何気ない動作の中でも腰に負担がかかり続けてしまう結果となります。

 

腰に負担が掛かり過ぎた結果が、腰部脊柱管狭窄症という病態をつくりだしています。

 

腰部脊柱管狭窄症でお悩みの方は、お気軽にご連絡ください!

わたくし達が思う、最善を提案させていただきます。

 

 

 

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの記事は役に立ったと言っています。

「腰部脊柱管狭窄症」と関連のあるページはこちら

  • 料金表
  • アクセス
相模原市南区相武台2-24-17

小田急線相武台前北口から徒歩5分

駐車場5台あり

TOPへ戻る