肘内障

 

こんなお悩みはありませんか?

  • 子どもが突然腕の痛みを訴えた
  • 腕を上げようとしてもあげられない
  • 痛みを訴えている所を触ろうとすると痛がる(嫌がる)

089237

肘内障は買い物中や遊びに行っている最中、親御さんがお子さんの手を引いて歩いていて突然お子さんの腕に痛みが出るといったケースが多いです。
稀ではありますが、寝ていて気がついたら痛みを訴えだすというケースも有ります。好発年齢としては五才未満の子どもに多いと言われています。

起こりうる確率としては決して珍しいものではなく、しっかりと治療をすれば後遺症は残りにくいものではあります。
『痛い』と訴える事が出来ない0歳児でも発症はするので本人の訴えだけで無く、親御さんからみて『ちょっとおかしいかも?』と気になったら肘内障の可能性も頭に入れる必要があります。

 

 

肘内障の起こる原因

よく『肘が抜けた状態』といった表現をする通りに前腕(肘から手の間の腕)に2本の骨があります。
その内の橈骨という骨から『輪状靱帯』という靱帯が抜けかかって正常の位置からズレて起こってしまうのです。

 

chunaisho_03-l[1]
↑に載っている輪状靱帯というのが本来橈骨の上の橈骨頭という場所をバンドの様に支えています。
大人のこの部分に比べて子どものこの部分というのは橈骨頭の成分として軟骨が多く存在しています。輪状靱帯も大人に比べると柔らかく、しっかりとしたバンドの役割がまだ弱いのです。

大人が手を引いて歩いていたり、手を掴んでたかいたかい等、腕を引っ張られる状態になると発生してしまう原因になります。

外力無しに自重だけで肘内障を引き起こしてしまうケースもあるので寝て起きたら腕を上げようとしない、回内位(手のひらを下にした状態)から動かそうとしないなどの症状があれば一度疑ってあげた方が良いです。

 

原因が引っ張られてしまって痛くなった以外には基本的に痛くなった理由がハッキリしない場合は肘内障以外のケースを考えた方がいいです。

手を衝いてから痛みを訴えている場合は鎖骨の若木骨折というものも可能性として疑います。

他にも『骨端線離開』や『軟骨損傷』といったものも疑います。

恵和整骨院での肘内障の治療について

恵和整骨院ではまず肘内障の整復を行います。

基本的には予後の良い疾患とされているので、整復さえ完了してしまえば問題はありません。

整復が完了して、すぐにお子さんは腕をあげられるようになるのですが、お子さん自身が『動かすとまた痛くなりそうだからあげたくない』、『痛いと思っているだけで実はあげても痛みはでていない』といったケースも多いです。なので、お子さんの気持ちを汲んであげて、時間をかけて経過を観察させて頂きます。

 

 

●施術の流れ

flow1_1flow2_1flow3_1

受付                 問診                 検査

flow4_1flow5_1flow6_1

施術                 説明                 お大事に

 

askbanner

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの記事は役に立ったと言っています。

「肘内障」と関連のあるページはこちら

    関連記事が見つかりません
  • 料金表
  • アクセス
相模原市南区相武台2-24-17

小田急線相武台前北口から徒歩5分

駐車場5台あり

TOPへ戻る