ドケルバン病

こんにちは。恵和整骨院です。

今回は手首の痛みについてお話していきます。


こんなお悩みはありませんか?

  • 手首の親指側が痛い
  • 食器を洗っているときに痛みが出る
  • パソコンを打つ際に痛む
  • サポーターをしているが治らない
  • 手を付いて立ち上がれない

IMG_1563

 

ドケルバン病とは??

 

 

狭窄性腱鞘炎とも呼ばれ、親指側のと、その腱を包む腱鞘との間で

摩擦が起こり、炎症してしまった事で痛みを発するものです。

それらが起こる原因や対処方、当院での治療など

これから詳しくお話していきたいと思います。

メカニズム

 

 

【関わる筋肉をチェックしよう!】

まず、手のひらを下に向けた状態で親指を外側・やや上に開いて見て下さい。

そうすると手首に近い辺りに2本のスジが浮き上がるのが分かりますか?

 

写真 2017-07-31 17 29 55

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その腱と腱の間に空間ができると思いますが、それをスナッフボックスと言います。

 

2本の腱のうちひとつは、長母指外転筋と呼ばれる親指を外に開く筋肉。

もうひとつは短母指伸筋という親指を上に向ける筋肉です。

 

腱の滑りをよくするために、腱鞘と言うものに包まれていますが

これが上手く機能しなくなり、摩擦が生じてくると痛みが出てきてしまいます。

 

では、なぜ機能しなくなってしまうのか、次にお話していきます。

 

ドケルバン病になりやすい原因

腱鞘炎と言えば、使い過ぎというイメージが強いと思いますが

それ以外にも、例えば重いベットマットをひっくり返したときに

手首を捻ってしまったり、手をついて立ち上がる際に痛めたりなど、

腱に炎症が起きてしまってそのまま放っておくと

痛みが取れずに、周りの筋肉や腱に負担がかかって来てしまいます。

 

普段、家事やお仕事などでよく手首を使っている人の中でも

腱鞘炎になる人とならない人といると思いますが、それは身体の使い方や歪みが原因で

親指側に負担がかかる使い方をしてしまっているかもしれません。

 

痛みを無くし、快適に生活するためにも

痛いところだけでは無く、負担の掛かっている原因を探し

解決していきたいですね。

 

 

 

 

恵和整骨院ならではの治療について

このような手首の痛みでも人それぞれ治療の内容は変わってきます。

 

まず、患部に熱を持っていたり、動かす時に強い痛みを伴う場合は

患部が炎症をしている可能性があります。

その場合は痛みのある部位にアイシングをしながら

電気治療を行ったり固定をさせて頂く事もあります。

240_f_96890089_nnwrb30bovpiisptdphowoztqxmhzsbd

 

 

 

 

 

まずは無理に動かさず安静にして頂く事が一番です。

 

また、歪みや負担の掛かる使い方をしている場合は

整体で骨格の調整などをさせて頂く事もあります。

 

状態を確認してから人それぞれ治療の方針も

変わって来ますので、まずは一度当院へいらして下さい。

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの記事は役に立ったと言っています。

「ドケルバン病」と関連のあるページはこちら

  • 料金表
  • アクセス
相模原市南区相武台2-24-17

小田急線相武台前北口から徒歩5分

駐車場5台あり

TOPへ戻る