恵和整骨院の症例ブログ

花粉症が原因でケガ?! そのワケとは!?


カテゴリ:未分類

 

スギ花粉が舞い始め、花粉症の方が過ごしにくい季節となってまいりました。

当院の空気清浄器も毎日フル稼働状態です 笑

 

花粉により起きるアレルギー反応が花粉症というのは、ご存知の方も多いと思います。

 

日本にはスギの木が沢山植えられているので、この時期はスギ花粉が多く舞っています。

そのせいで、この時期に花粉症の症状が出る人が多数いらっしゃいます。

 

花粉症自体は様々な植物の花粉によって起きますので一年を通して花粉症の方は存在します。

 

その中で、花粉症の症状の中で『くしゃみが止まらない』という人がいます。

止まらないくしゃみを繰り返す事によりギックリ腰になってしまったり、

肋骨を骨折してしまう人も。

 

今回はそんなくしゃみについてお話します。

 

くしゃみは我慢しようとしても出来ない?

 

花粉症によりくしゃみを何回も繰り返してしまう。

そんな時、くしゃみを飲み込もうとしても

完全には止められなかった事はありませんか?

 

くしゃみ自体が自分の意思とは関係なく、

体が反応して起こるものになるので

頑張って止めようとしても上手く止められません。

鼻の粘膜への刺激や明るい所に急に出たりすると

出る事があります。

 

くしゃみで痛めやすい箇所って?

 

くしゃみをする際、一度予備動作で大きく息を吸った後に

強制的に呼気を強くする事からなります。

勢いよく屈む姿勢になるので腰の筋肉が伸ばされ、

体はそれを守ろうとしてギックリ腰にも。

たくさん繰り返してくしゃみをすれば呼気筋(主に腹筋群や内肋間筋)

自体の損傷を起こしてしまう事もあります。

内肋間筋の収縮により肋骨が疲労骨折を起こす事もあります。

 

不意にくる、くしゃみで傷めやすいのは

逆に吸気筋や背側にある筋群になります。

上の方の腰、下の方の背中といった辺りに下後鋸筋という筋肉があり

そこが痛んでしまうと深呼吸が困難になってしまう事も。

痛めた上でくしゃみをして激痛が!なんて事もあります。

 

 

痛めてしまったらどうするべきか

痛めてすぐは炎症症状といって、痛みが強かったり、熱を持ったりします。

そんな時はRICE処置(Rest(安静) Ice(アイシング) Compression(圧迫) Elevation(挙上))をして

炎症症状を抑えてあげましょう。腰は挙上しづらいのでRICを出来る限り

してあげましょう。

 

そうなる前に、可能ならばくしゃみをする際は手を壁に、座っている時は

膝に手を付けてくしゃみをして下さい。

そうすることで、

くしゃみをする時に大きくかがんで腰の筋肉が過剰に伸張する事が避けられます。

 

--------------------------------

相模原市南区  小田急線相武台前より徒歩5分にある

恵和整骨院】です。

相武台前(徒歩5分)

〒252-0324
神奈川県相模原市南区相武台 2-24-17
TEL 046-257-0059

休診日:日曜、祝日
土曜も17:30まで診療受付しております。

新宿に系列院
新宿整骨院】もございます☆
新宿駅から徒歩5分です。 新宿整骨院のサイト→http://www.p-keiwa.com/

玉川学園前に系列院
ボディメンテナンスKeiwa整骨院】もございます☆
玉川学園前駅からスグです。ボディメンテナンスKeiwa整骨院 → http://bm-keiwa.com/

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人がこの記事は役に立ったと言っています。

「花粉症が原因でケガ?! そのワケとは!?」と関連のあるページはこちら

「花粉症が原因でケガ?! そのワケとは!?」と関連のあるページはこちら

  • 料金表
  • アクセス
相模原市南区相武台2-24-17

小田急線相武台前北口から徒歩5分

駐車場5台あり

TOPへ戻る