相模原市南区恵和整骨院の症例ブログブログ

背骨・骨盤のゆがみなら相模原市恵和整骨院におまかせ!

 

カテゴリ:未分類

 

 

相模原市でのむちうち・交通事故治療は
治療実績NO.1の
恵和整骨院
恵和整骨院公式ホームページ→http://www.keiwa-seikotsu.com/

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

捻挫をしてしまったらどうする?

応急処置を適切に行うことで、
症状や痛みを軽減することができます。

 

自分でセルフケアできる捻挫の症状

靭帯が傷つくまでに達していない場合は、
セルフケアでもある程度ケアすることが可能です。

 

痛みが小さい場合であれば、1~2週間様子を
みることをおすすめします。

 

怪我をした直後~3日まで(目安)の応急処置と
3~9日程度の慢性時の処置の方法を実施してください。

 

運動をする場合には、必ず運動用サポーターや
テーピングを使用してください。

 

症状を悪化することもあり、挫き癖がついてしまって
からでは遅いです。

 

以下の場合、整形外科や整骨院などを受診しましょう。
靱帯が断裂や骨折している可能性があります。

 

●患部が大きく腫れ、歩けないほど痛い場合
●関節が不安定な場合(グラグラしている等)
●1~2週間、安静にしてセルフケアを続けたが痛みが引かない場合

 

捻挫の応急処置は「RICE」を実施しよう!(捻挫後~2,3日まで)

 

 

1.R=REST(安静)

痛み部位を動かさず、テーピングや包帯等で固定します。
足首はテーピングで固定し衝撃を与えないようにしましょう。
腕では三角旗やタオル等で吊ります。

 

 

2.I=ICE(冷やす)

氷や冷水、冷感シップなどで患部を冷やします。
炎症を抑え痛みを緩和します。
タオル等でくるんだりして温度を調節してください。
15~20分が目安で、これ以上続けて冷やすと
しもやけになる可能性があります。

 

 

3.C=COMPRESSION(圧迫)

腫れの原因となる内出血を止めるために、
患部を包帯などで軽く圧迫し、血流を止めて
腫れを抑えます。

 

 

4.E=ELEVATION(挙上)

腫れや内出血、うっ血などを防ぐために、
患部を心臓より高い位置に挙げておきます。
その日1日は、患部を心臓より高い位置に
しておくと良いでしょう。

 

※ポイントは早急なアイシング

 

アイシングを早急に行うことで、腫れを
大きく抑えることができます。
腫れは痛みの原因になるため、
捻挫の症状を和らげるのに効果的です。

 

 

慢性期(4~7日後)の治療法

捻挫してからしばらく経ち、炎症は治まり
腫れや痛みも落ち着いた状態です。

応急処置では患部を冷やしましたが、
慢性期は患部を温めます。

温めると血管が広がり血液の循環がよくなるため、
痛みや腫れが早く引きやすくなります。

お風呂で患部を温めたり、温感シップを使用し
患部の血行を促します。

治癒を早めるのに、軟膏などの塗り薬や
ビタミンEを含むサプリメントも効果的です。

 

 

捻挫の治療方法まとめ

 

1.応急処置は、RICEを実行(冷やす)
2.運動するときは、必ずサポーターを使用
3.慢性時は患部の血行をよくする(温める)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相模原市南区  小田急線相武台前より徒歩5分にある

【恵和整骨院】です。
【各種健康保険取扱・自賠責保険・労災取扱】

医療機器も最新のもの、更に最高の技術を持ったスタッフを揃え
安心・安全・丁寧な施術で お待ちしております☆

 

〒252-0324
神奈川県相模原市南区相武台 2-24-17
TEL 046-257-0059

 

休診日:日曜、祝日
土曜も17:30まで診療受付しております。

 

新宿に系列院
新宿整骨院】もございます☆
新宿駅から徒歩5分です。

新宿整骨院のサイト→http://www.geocities.jp/katamomiplaza15/

 

玉川学園前に系列院
ボディメンテナンスKeiwa整骨院】もございます☆
玉川学園前駅からスグです。

ボディメンテナンスKeiwa整骨院 → http://bm-keiwa.com/ 

 

 

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの記事は役に立ったと言っています。