相模原市南区恵和整骨院の症例ブログブログ

背骨・骨盤のゆがみなら相模原市恵和整骨院におまかせ!

 

カテゴリ:未分類

恵和整骨院の山中です。
ではでは、予告させて頂いた通り、

今回は前にお話させて頂いた猫背についてのお話をさせてもらいます。
まずはおさらいです。

猫背とは、顎が前にでて、横から見たときに両肩も正しい姿勢に比べて前に出ていたり、腰椎(背骨の腰の高さのところ)が本来前に傾いていないと行けないのですが、それが後ろに傾いている状態が猫背の状態になります。

1324481628
この姿勢では姿勢保持筋(抗重力筋)と言われる筋肉に特に負荷がかかるのです。

ではこの筋肉がどこに存在しているのかというと、体の前面と後面にバランスをとるように付いています。

例えば、
・背筋群と腹筋群、
・腸腰筋と殿筋、
・大腿四頭筋とハムストリング筋、
・前脛骨筋と下腿三頭筋 というふうに。

特に猫背の場合腹筋群・背筋群・腸腰筋群という筋肉たちが上手く使えていなかったりするケースが多いです。

なので、予防、対策として大事なのは、
○腹筋を鍛えて単に強くするのではなく、上手に使えるようにしてあげる。
○腸腰筋群という筋肉を伸び縮みができるようにしてあげる。

 

腹筋を鍛えるだけでなく、使えるようにするとはどういう状態の事なのかという説明をさせて頂きます。

本来立位や座位でバランスを取って姿勢を維持しているのはイメージがつきますでしょうか。

背筋群や腰の筋肉だけで支えていたら後ろに倒れてしまいますし、腹筋群だけだったら前に倒れてしまうような感じです。

なので均等とは行かないまでも、両方の筋肉が上手く作用してバランスをとっているのがベストの状態になります。

猫背の人は腹筋がとくに作用せず、体幹を支えるのを殆ど腰に負担を押しつけてしまっているのです。

なので腹筋をいくらやっても腰の痛みが軽減されない人などはこれに当てはまります。

次に、腸腰筋群が何をしているか、の説明からさせて頂きます。

20130910074545

 

まずここの筋肉は大腰筋と腸骨筋に分けられます。
筋肉の作用としては股関節の屈曲(太ももをあげる動作)、固定。股関節を固定している時は体を前に倒す作用があります。作用的には股関節が曲げられないと何が悪いかイメージが付きづらいかと思うかもしれませんが、要はこれが猫背にならないようにする筋肉なのです。

ここの筋肉が弱かったり他に比べて少なかったりというよりも硬くて本来の機能を果たせていないという場合に起こりやすいのです。

腸腰筋のストレッチのやり方は、伸ばしたい方の足の膝を伸ばしてもう一方の足を踵をつけて膝を曲げて立ちます。
↓こんな感じ。

e11610a0341f57d56f8456b314288a17

 

この状態で体を前に倒そうとすると伸ばそうとしている方の股関節が伸びる感じがあると思います。

これを大体1~2分伸ばしてあげると筋肉自体が緩んで、本来の伸び縮みする機能を取り戻しやすくなります。
これをやって「はい終わり」にするのでは無く、他の同じ動作で補助をしている筋肉も負担がかかっているのでそれらにも気を配らなくてはいけません。
その為にも、直接説明させて頂くのと実際にどうやってケアをしてあげるのがベストか一度お越しになってお身体の状態をみさせて下さい!!

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの記事は役に立ったと言っています。