相模原市南区恵和整骨院の症例ブログブログ

背骨・骨盤のゆがみなら相模原市恵和整骨院におまかせ!

 

カテゴリ:未分類

相模原市でのむちうち・交通事故治療は
治療実績NO.1の
恵和整骨院
恵和整骨院公式ホームページ→http://www.keiwa-seikotsu.com/

—————————————————————————-

 

 

こんにちは!!恵和整骨院の山中ですヽ(´∀`)ノ
告知させて頂いた通り、

前回お話した膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)の

お話の続きをさせてもらいます( ´∀`)ゞ
●診断(どうしたらこの疾患と認められるか)
主に初期段階では画像診断を行っていても写らない場合が多いので、

 

まず膝蓋骨(膝の皿)の下を押した時に痛みがないか調べます。

yjimageROA35PZZ

その他、X線撮影(レントゲン検査)で膝蓋腱の傷み具合や膝蓋骨のズレを確認します。

 

膝蓋骨が上の方にずれていたり、膝蓋骨の下端に薄い剥離骨折が見られることもあります。

 

より精密な検査を行う場合は、MRI検査や超音波検査(エコー検査)が採用されます。
●治療

 

痛みの程度や膝蓋腱の損傷の度合いに応じて

様々な治療法がとられます。

 

軽度であれば、患部を冷やすアイシングで炎症を抑えつつ、

 

安静にして炎症が治まるのを待ちます。

 

膝が伸びた状態でテーピングやサポーターで

 

患部を固定する装具療法も併用することで痛みを軽減できます。

 

痛みが強い場合は、これらに加えて炎症や痛みを抑える消炎鎮痛剤を使う薬物療法も行われます。

 

症状が和らいできたら膝関節のストレッチングや

膝周辺の筋力トレーニングを行い、

 

筋肉の柔軟性と筋力アップを図ります。

腱が完全に切れる「膝蓋腱断裂」が起きた場合は、

 

腱を縫合する手術が必要になります。

 

 

●予防

 

 

太腿の柔軟体操 膝蓋腱炎の予防と再発防止に有効なのが、

 

太もも前面の筋肉「大腿四頭筋」のトレーニングです。

 

 

yjimage9J4U1192

↑大腿四頭筋を分けた時の名称

 

筋トレやストレッチングによって筋力と柔軟性を高めることで衝撃を吸収し、膝蓋腱に加わる負荷を軽くすることができます。

 

運動の前後のウォーミングアップやクールダウン時には十分にストレッチを行いましょう。

 

特に太もも前面を重点的に行い、股関節も同時に伸ばすと予防に効果的です。

 

痛みが出てきた時は、ストレッチングに加えて運動後に患部を冷やすアイシングを徹底し、

 

安静時には(できれば運動中も)テーピングやサポーターを装着して膝を守ります。

 

痛みが強い時は膝を使う運動は中止し、大腿四頭筋のケアを重点的に行います。

 

 

痛みや違和感を感じたら我慢をせずに一度、当院へご相談下さい!!

 

(`・ω・´)v

 

————————————————————————————–

相模原市南区  小田急線相武台前より徒歩5分にある

恵和整骨院】です。

相武台前(徒歩5分)

〒252-0324
神奈川県相模原市南区相武台 2-24-17
TEL 046-257-0059
休診日:日曜、祝日
土曜も17:30まで診療受付しております。
新宿に系列院
新宿整骨院】もございます☆
新宿駅から徒歩5分です。 新宿整骨院のサイト→http://www.p-keiwa.com/

玉川学園前に系列院
ボディメンテナンスKeiwa整骨院】もございます☆
玉川学園前駅からスグです。ボディメンテナンスKeiwa整骨院 → http://bm-keiwa.com/

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの記事は役に立ったと言っています。