恵和整骨院の症例ブログ

相手(加害者側)が無保険だった場合の交通事故


カテゴリ:未分類

相模原市でのむちうち・交通事故治療は
治療実績NO.1の
恵和整骨院
恵和整骨院公式ホームページ→http://www.keiwa-seikotsu.com/

--------------------------------

 

 

交通事故に遭ってしまった!!

 

警察を通して話をしていると、

どうやら相手が任意保険に未加入で運転していたことがわかった!

こんな時相手が保険に入っている場合とそうでない場合の事故の違いを説明しようと思います。

 

 

まず、自動車保険には2種類あります。

 

自賠責保険任意保険があります。

 

 

自賠責保険は、自動車を運転する方なら

必ず入らなければいけないものです。

 

これに未加入の場合はそもそも運転出来ませんし、

 

罰せられてしまいます。

 

加害者が自賠責未加入の場合

↓↓↓

http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/04relief/jibai/punish.html

国土交通省 自動車総合安全情報 自賠責保険について

 

 

 

一方、任意保険とは

その自動車を運転する方が自分で決めて入るものになります。

 

自賠責保険では、人身傷害保険で120万円までは補償されますが、

それ以上の額の補償となると加害者自身に請求、

もしくは任意保険会社に請求という事になります。

 

ですが相手(加害者)側が

任意保険に加入していない場合のケースは

傷害による120万円以上の損害というものは補償されません。

本来であれば、

交通事故に遭いお仕事を休んだ日数分支払われる休業損害補償、

入院・退院後に通院でかかった日数で支払われる慰謝料・治療費などの

交通事故の被害者が受けられる保障が、

自賠責保険の限度額を超えると受けられなくなります。

 

 

 

 

また、任意保険会社に相手が未加入の場合

被害者自身が自賠責に直接請求する

被害者請求という手段があります。

 

事故に遭われて人身傷害保険を被害者請求する事で

ご自身で行い保険金を請求する事が出来ます。

必要書類を集め、提出する事が出来れば、

請求をする事は可能ですが

多くの書類が必要になり、全てに不備無く

提出をしなくてはならなくなってしまいます。

 

 

被害者の加入している任意保険の保障内に

弁護士特約に加入していた場合、

それらを利用する事で書類の不備なく円滑に

書類を進めてもらえるケースも。

 

そうすることによって自賠責保険を使っての整骨院での治療を

行えるようになるケースもありますのでまずは一度、

お気軽にご相談下さい。

 

--------------------------------

相模原市南区  小田急線相武台前より徒歩5分にある

恵和整骨院】です。

相武台前(徒歩5分)

〒252-0324
神奈川県相模原市南区相武台 2-24-17
TEL 046-257-0059

休診日:日曜、祝日
土曜も17:30まで診療受付しております。

新宿に系列院
新宿整骨院】もございます☆
新宿駅から徒歩5分です。 新宿整骨院のサイト→http://www.p-keiwa.com/

玉川学園前に系列院
ボディメンテナンスKeiwa整骨院】もございます☆
玉川学園前駅からスグです。ボディメンテナンスKeiwa整骨院 → http://bm-keiwa.com/

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの記事は役に立ったと言っています。

「相手(加害者側)が無保険だった場合の交通事故」と関連のあるページはこちら

  • 料金表
  • アクセス
相模原市南区相武台2-24-17

小田急線相武台前北口から徒歩5分

駐車場5台あり

TOPへ戻る