相模原市南区恵和整骨院の症例ブログブログ

背骨・骨盤のゆがみなら相模原市恵和整骨院におまかせ!

 

カテゴリ:未分類

妊娠中、不意な動きで痛みが起きてしまった!!
治療するにも薬や湿布は不安という方、必見です。

 

妊娠中に体を痛めてしまった。

何をやれて何がダメなのか教えます!

 

 

妊娠が発覚してすぐはあまりオススメしません。

 

 

私達の決めさせて頂いている基準としては

 

安定期(おおよそ5~7ヶ月)に入った時、

 

婦人科の先生の許可がある時に施術を入れさせて頂きます。

 

応急処置として基本的には

 

ギックリ腰など、ケガをしてしまったらまずは冷やすのですが、

 

お腹の赤ちゃんに影響がでてしまう可能性があるので

 

冷やすのはあまりオススメしません。

 

まずは安静。痛みのある動作は避け、痛みが引くまで休みましょう。

 

ある程度歩けたり動けるぐらいになり、なおかつ安定期に入っている時は

 

患部の周辺の筋肉を使えるようにして痛みのある所の負担を減らす施術をさせていただきます。

 

また、7ヶ月を過ぎて腰痛や膝、肩の辛さがある妊婦さんは

 

赤ちゃんにも影響が出やすくなるので産婦人科の先生の許可がなければ

 

基本的には産後での治療をお勧めさせていただいてます

 

 

 

一番やっちゃいけないことはうつ伏せになる事。

当たり前かもしれませんが、うつ伏せになるとお腹の中の赤ちゃんが圧迫されてしまいます。妊娠初期ではうつ伏せになっても多少平気な事もありますが基本的にはうつ伏せはNGです。

 

まえかがみであったりお腹を圧迫する背中を丸めた姿勢になると

 

妊娠中に急激に腰を痛めてしまったり、肩が動かしにくい、膝が動き出しで痛みが出る。

 

といった症状が出てくる事が多くなります。

 

妊娠前の体の動きと比べて妊娠中は体の使い方から変わってしまいます。

 

妊娠前と同じ要領で体を使っていると転倒しやすくなってしまったり、

 

痛くなかった所が痛くなってしまったりと様々な不調がみえてきます。

 

 

妊娠中の湿布は使っていいの?

 

近頃は湿布の種類もすごく増えました。

 

妊娠中でも腰や肩の辛さはつきものです。

 

湿布の成分によってお腹の中の赤ちゃんに影響があったり

 

 

 

↓当院での妊婦さんの治療について

 

マタニティ整体

 

 

 

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの記事は役に立ったと言っています。