相模原市南区恵和整骨院の症例ブログブログ

背骨・骨盤のゆがみなら相模原市恵和整骨院におまかせ!

 

カテゴリ:未分類

 

こんにちは。恵和整骨院の菊地です!

きょうは外反母趾についてです

外反母趾は第一趾がMP関節が外反する足趾の変形です

つま先の細い靴内側縦アーチの低下で起こりやすく、女性の発生頻度は高くなっています

症状としては第一趾MP関節部に痛みや変形がみられます。また中足骨の内側突出に伴う滑液包の炎症と肥厚が生じます。さらに変形が強くなると第一趾が第二趾の底側に入り込み第二、第三趾MP関節底側に胼胝(べんち:たこ)を形成してしまいます

治療方法としては

ホーマン体操:幅の広いゴムバンドを用意し、足を伸ばして床に座り、両側の親指にゴムバンドを掛けます。踵を合わせたまま、そこを支点にして、それぞれ外側へ引っ張ります。5~10秒、この位置を保って足を戻します。この動作を何回かに分けて行います

toku-126_2

タオルギャザー:椅子に座った状態で、足の下にタオルを1枚縦方向に敷きます。そのタオルを足の指を使ってたぐり寄せます。

f0115484_12343188

足底板療法:足の下に敷く装具を装着します。これはインソールとして靴の中に入れて使います。重心を変えたり、足裏を部分的に盛り上げたり緩めたり、圧迫したりします。足底板療法を行う場合は、必ず専門家指導の元に行ってください。せっかく足底板を使用しても、靴が合っていないと効果を十分に発揮できません。

正しい靴を選ぶ:つま先がきついと感じる、長時間歩くと足の甲がすれる、走ると脱げそうになる、足を踏ん張ると小指が痛い、などの靴は足に合っていない可能性が高いです。シューフィッターがいる靴屋や、理学療法士と相談して選ぶなど、専門家の指導を取り入れて靴を選んでみてください。せっかく運動療法などを行っても靴が合っていないと、効果がないばかりか悪化の一途を辿ります。

症状の強い外反母趾は手術療法に対象になります。

症状の軽いからケアしていれば症状も出にくくなります。もしお悩みの方はぜひ恵和整骨院へ!!
----------------------------------

相模原市南区  小田急線相武台前より徒歩5分にある

【恵和整骨院】です。

相武台前(徒歩5分)

〒252-0324
神奈川県相模原市南区相武台 2-24-17
TEL 046-257-0059
休診日:日曜、祝日
土曜も17:30まで診療受付しております。
新宿に系列院
新宿整骨院】もございます
新宿駅から徒歩5分です。 新宿整骨院のサイト→☆http://www.p-keiwa.com/

玉川学園前に系列院
ボディメンテナンスKeiwa整骨院】もございます☆
玉川学園前駅からスグです。ボディメンテナンスKeiwa整骨院 → http://bm-keiwa.com/

 

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの記事は役に立ったと言っています。