相模原市南区恵和整骨院の症例ブログブログ

背骨・骨盤のゆがみなら相模原市恵和整骨院におまかせ!

 

カテゴリ:交通事故

 

相模原市でのむちうち・交通事故治療は
治療実績NO.1の
【恵和整骨院】
恵和整骨院整骨院公式ホームページ→http://www.keiwa-seikotsu.com/

 

 

 

 

事故現場では、損害賠償に関する具体的な話をしてはいけません。 もし、念書や即決示談を求められた場合は、自分の加入する 保険会社の担当者と話し合うよう相手に求めましょう。

●賠償額や賠償方法をその場で決めない 交通事故の現場で相手から「賠償金は○○万円支払うから・・・」と金額を提示されても、 その場で示談に応じてはなりません。 軽い物損事故ならば、ある程度の賠償ですぐに決着することもあります。 しかし、人身事故や車対車の物損事故などの被害が大きくなる事故の場合は、 過失割合の大小によって賠償額が大きく変わってきますから、軽い気持ちで 即決示談に応じたところ、被害額が思っていた以上に大きく困ってしまった ケースもあります。 また、示談後に後遺障害が出た場合は、示談の内容を変更することも可能ですが、 基本的に一度成立した示談を取り消したり、やり直したりすることは非常に困難です。 「その場での示談を決して行ってはいけない」ということは、被害者、加害者のどちらにも 言えることです。お互いをよく知らない事故当事者が、具体的な賠償額が出ないうちに 保険会社を介さず、事故現場ですぐに示談をまとめてしまうなどはもってのほかです。

●念書を求められたら必ず断る 加害者になった場合、100%自分が悪いと思っても、相手から「事故の責任は一切当方に あり、全額賠償します」旨の念書を書くように要求されたら絶対に拒否しましょう。 念書とは、後日の証拠として念のために作成する文書ですから、後で念書を振りかざして 法外な請求額を突きつけてくるような悪質なケースも考えられます。 たとえ、加害者本人が全面的に過失を認め、念書を書いていたとしても、 その事故について保険金を支払うのは保険会社です。「相手にも10%の過失割合が 認められる」と保険会社が判断した場合は、保険会社は被害者に損害額全体の90% しか支払いません。そうなると最悪の場合、残りの10%を加害者が負担することに なりかねないのです。

●あまり下手に出るとこじれる原因となる 事故が起きたときはとりあえず謝っておけばいい・・・、というような考え方は避けるべきです。 やたらと下手に出て平謝りに謝っても、相手が見逃してくれるわけでもありません。 被害者になったときでも、つい自分にも非があるような気がして謝ってしまいそうですが、 そこにつけこんで示談を自分に有利に運ぼうとする加害者もいます。 言葉尻をとらえられて「あのときと言ってることが違うじゃないか」と示談交渉をこじらせる 原因になってしまうこともあります。 ただし、明らかにこちらの不注意が認められるような場合には、「ケガはありませんか?」 「大丈夫ですか?」と気を遣う気持ちを表しておくべきでしょう。

 

 

 

 

相模原市南区  小田急線相武台前より徒歩5分にある

【恵和整骨院】です。

【各種健康保険取扱・自賠責保険・労災取扱】

医療機器も最新のもの、更に最高の技術を持ったスタッフを揃え
安心・安全・丁寧な施術で お待ちしております☆
相模原、座間、海老名付近などで、マッサージ、指圧、整体、交通事故・鞭打ち(ムチウチ)治療、腰痛治療などの整骨院、接骨院、治療院をお探しの方は、交通の利便性が良く、夜21時まで診療をしている

【恵和整骨院】

まで、お気軽にお問い合わせ下さい

相武台前(徒歩5分)

〒252-0324
神奈川県相模原市南区相武台 2-24-17
TEL 046-257-0059

整体、電気療法、姿勢矯正、カイロプラクティック、運動療法

休診日:日曜、祝日
土曜も17:30まで診療受付しております。

自動車事故・バイク事故・交通事故・追突事故・玉突き事故・自転車事故・歩行者事故・人身事故・もらい事故・タクシー事故・バス事故などの交通事故治療・慰謝料請求・交通事故後遺症治療・鞭打ちリハビリ治療を得意としています。

 

新宿に系列院

【新宿整骨院】もございます☆
新宿駅から徒歩5分です。 新宿整骨院のサイト→http://www.geocities.jp/katamomiplaza15/

 

玉川学園前に系列院

【ボディメンテナンスKeiwa整骨院】もございます☆
玉川学園前駅からスグです。ボディメンテナンスKeiwa整骨院 → http://bm-keiwa.com/

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの記事は役に立ったと言っています。